2013年3月30日土曜日

カーテン状のオーロラ


一昨日のオーロラはなかなか厚いカーテンのようでした


時間に依ってはヒダが不鮮明になり
柵状になります


この日は冬のシーズン最後の団体客様が
チナに宿泊されていましたが
とびきり素晴らしいオーロラが
出てくれました

日に日に日照時間は伸びていき、
直にオーロラも見ることができなくなります
今のうちに撮り溜めしなくては!

存在感なくても割といつもそこに居るオーロラ観測班
Olympus E-PL5
12mm f2.0
"6 ISO640-800

2013年3月28日木曜日

コンパクトデジタルカメラでオーロラに挑む

ここ最近は『高級(ハイエンド)コンデジ』という
カテゴリーのデジタルカメラが多く出ていて、
奇麗な写真を撮りたいけど一眼が欲しいほどではない
という方が手にしているようです
この手のカメラは一眼と同じようにシャッタースピードなど
細かい設定を変えられるものもあって
オーロラを撮るのにもさほど問題が無さそうなのです


27日のオーロラの写真
コンパクトデジカメで撮っていますが
設定ではISOが500にしてあります
露出時間は6秒
コンパクトデジカメはレンズの取り外しができませんので
購入の際にレンズの明るいものを選びましょう


今回使ったコンパクトデジタルカメラは
レンズがf1.8とかなり明るいカメラで、
この日は満月の前日だったこともあって
まるで日中のオーロラのように写っています


一眼との差として
センサーサイズの違いがあります
これに依って画質自体に差が出てしまいますが
プロのカメラマンでなければ
それほど気にするものでもないかもしれません


おまけ

チナで育てた野菜の販売を再開しました!
ぜひお手にとってみてください

Olympus XZ-1 f1.8
"6 ISO500

2013年3月17日日曜日

本日のオーロラ


ここのところ割と連日オーロラは見えている感じです
実はこれを書いている最中も
未だ空にはオーロラが出ていて、
今日はオーロラの持続時間がとても長く
カメラのバッテリーが切れる人も多かったのでは


頭上に広がるコロナ状のオーロラ
今日は直上から南にかけてオーロラが出ています


南西の方角に伸びるオーロラ
かなりオーロラバンドが南下していたということでしょう


これも南の空なのですが
山に隠れた、更に南の方も
明るくなっています
今日はかなり広範囲の地域で
オーロラが観測されたのではないでしょうか

ともすればオーロラ観測班
Olympus E-PL5
12mm f2.0
"5 ISO800-1000

2013年3月3日日曜日

再びヨートから。


急遽山頂へのツアーへ同行することに
この日は日中から澄んだ空でした
下からも星がとても奇麗に見えていましたが
山頂へ着き、雪上車を降りると
すでにオーロラが北の空を横切っていました


ヨートの煙突から飛ぶ火の粉が写り込みました


深夜1時過ぎ、徐々に帯の範囲が広まります



肉眼でも帯が蛇腹のようにうねっているのが
わかるぐらい躍動していました


範囲はさらに拡大し、踊り狂うように
この日のオーロラは今まで自分が見たなかでは
5本の指に数えられるほどのものでした
一応、自分がツアーに参加した場合は
必ずオーロラが出るというのも死守……

やっぱりオーロラ観測班
Olympus E-PL5
12mm f2.0
"5 ISO1000