2013年10月30日水曜日

 
およそ1ヶ月ぶりに、元気なオーロラが夜空を舞いました。
 
 
オーロラは頭上でユラユラと揺れたかと思うと、
一気に空いっぱいに広がり、
大地を明るく照らしました。
 
 
あまりに生き生きと動き回るその様子に
不気味さすら感じました。
 
活発なオーロラは続いて現れるといいます。
今夜も夜空から目が離せません。
 
                    S-Life

2013年10月20日日曜日

 
ユーコン川より昇る朝日は空を神々しく染めていました。
 
 
今回、一度ツアーで訪れた『ビーバー村』を、
より深く知りたいと思い、2日間滞在してきました。
 
ビーバー村はおよそ100年前、絶滅の恐れのあった
北極海沿岸に住むエスキモーを救済する為
安田恭輔という日本人が彼らと移住し
築いた村です。
 
この村では今でもインディアンの伝統が生きています。
狩猟にはATVという小形の四輪駆動車に乗って出掛けるのですが、
雪の上に残されたクマやオオカミ、ムースなどの
足跡をたどって森の中へと入っていきます。
11歳の少年がこともなく鳥を撃ち落とす姿は衝撃的でした。
 
ここでは村の伝統を大人が子供に
伝える場面がよく見受けられました。
狩りや、隣町へ用事で出かける時は、学校の授業より優先されます。
また現地の言葉を普及させる為に、
学校以外にも、インターネットを通じて行われます。
 
私がお世話になった家庭では今、一か月前に狩った
ムースの毛皮が干されています。

 
これは革製品として売りに出されるものですが、
乾くまでは、その匂いは強烈です。
学校の野外活動の一環として見学に来た子供たちは
その匂いにたまらず顔をそむけますが、
大人たちが「これが伝統だ」と諭すのです。
 

 この村にはアイさんという、インディアンの暮らしに
憧れやってきた日本人女性が住んでいます。
インディアンの夫を持ち、家事、狩猟、裁縫など幅広くこなし、
この村にしっかり根付いています。
 
滞在中、アイさんのように自分はここで
暮らすという選択ができるだろうかと
何度も考えることがありました。
いくら自然や文化が好きであったとしても
その選択はとても難しい。
好きでここに飛び込んだとはいえ
アイさんの覚悟は計り知れません。
 
皆さんも是非、チナ温泉を訪れた際は
今なお息づくインディアンの伝統に触れに、
またそこに暮らすアイさんに会いに
ビーバー村を訪れてみてください。

                                                               S-Life


2013年10月19日土曜日

な・・・なんと‼❓❓

先日、ビーバー村へ遊びに行くためにスタッフと共に、知人の男性に町まで送って頂いている道中でなんと。。。。。奇跡が起きました‼‼‼‼


 
 



Chena Road35Mile付近にて狼を発見‼‼‼

車を止めて様子を伺っていました・・・

まったく逃げる様子もなくむしろ、写真撮影にお付き合いしてくれているかのようでした。



その後、知人男性の娘さん(小学2年生)が、犬の遠吠えの鳴きまねを行ってみると・・・

写真の通り遠吠えし返してくれました‼‼‼‼

その後、私(25歳)が、鳴きまねしてみると返してくれませんでした。(笑)

娘さんは100発百中です‼‼素晴らしい‼‼‼‼

そうこうしているうちに、林の中へ消えていきました・・・・

知人男性も何年もアラスカにいて、狼を見たのは数回だそうで、本当に奇跡でした‼‼

狼だけでなく、いろんな動物がチナ温泉にいらっしゃるChena Roadの道中では見れる可能性があります‼‼それも、旅の楽しみとしてぜひチナ温泉にいらしてください・・・

 
 
Chena Roadからの朝日です・・・
 
追記・・・この日はアラスカの著名人の方にもたくさん会った何とも素敵な一日でした。

2013年10月7日月曜日

アラスカ大学 博物館

先日のお休みの日を利用してフェアバンクスにあるフェアバンクス大学の博物館へ行ってきました。地球の歩き方にも掲載されており、フェアバンクスでも観光名所と言えます。
外観も内装も白を基調としたデザインですごく綺麗です。
 
1階はアート、アラスカに生息する動物・オーロラ・ネィティブの生活・日本とアラスカの歴史・星野道夫さんの写真等について見応えがたくさんあります。
期間限定のブースでデナリ・マッキンリーについてのブースもありました。
 
 
本当に生きているかのような動物たちです。。
 

                 2階はネイティブアラスカンのアートです。

 
まだまだたくさん写真はありますが、楽しみが減るといけないのでここまでにしておきます・・・
ヘッドフォンをつけて博物館の説明を聞けたりするオプション(日本語ガイド)もあるそうなので色んな楽しみ方が出来そうですね。
チナ温泉にいらっしゃる前、または滞在後時間のある方は是非博物館に足を運んでみてはいかがでしょうか。とても素敵なところです。。。
 

2013年10月6日日曜日

 
チナ温泉周辺にはTrail (ハイキングコース)が充実しています。
その天王山でもあるFar MountainのTrailに今日は行ってきました。
 
最初は心臓破りの坂道がこれでもかと続き、
一つ目の頂きに到着(標高840m)。
そしてさらにそこから二つ目の頂き(標高1020m)を目指しました。
 
 
遠くから見れば森林限界により、つるんとした登りやすそうな山に見えますが、
実際に歩いてみると、石がごろごろしていて歩きにくく、
頂上がなかなか近づいてきません。
出発からおよそ二時間かけて、頂きにたどり着きました。
 

最後の頂き(標高1260m)は、そこから眺めると
遠く、雪に覆われています。
たどり着くにはあと二時間はかかると思い、
そこで下山。
 
ちょうどその夕刻、お客さまの中に
これからFar Mountainに三日間かけて登るという
強者がいらっしゃいました。
そういうTrailの楽しみ方も実に粋ですね。
 
 
 

こぼれ話

チナ温泉の入り口の門に
可愛いい石を見つけました。
 

こんなところでひっそりとお出迎えをしていたのですね。
 
                                                                                    S-Life

2013年10月5日土曜日

ぜひ一度☆

 
 
アラスカの寒い冬を越えて、
寒い季節は寒さで身体のエネルギーをたくさん消費するため、
甘いものが食べたくなるということを学びました。
 
 
甘いもののの中でもほぼ毎日食べていたのが、
アイスクリームです。
 
 
アイスは夏のイメージがありますが、
夏よりも冬の寒い時期に暖かい部屋で食べるアイスクリームは
とってもおいしくて、元気がでるんですよ!
 
 
寒くなってきた今、
一緒に冬を越したスタッフとまた話で盛り上がっているのが、
 
こちらです!
 
 

 

ハーゲンダッツのアイスクリームです!
 
しかもアメリカサイズは大きくて、
日本に売っている通常のサイズの3倍はあります。
 
それにフレイバーの種類もとっても豊富なんですよ。
海外らしいめずらしい味から、
日本人でもなじめる味まで、
チナ温泉で試していただくことができます。
 
お値段は$4.50!
 
この大きさでこのお値段はとってもお得感ありますよね。
 
 
そして、たくさんある種類の中でも、
スタッフからお客様まで幅広く人気があるのが、こちら!
 


White chocolate raspberry truffleです。
ホワイトチョコベースに甘酸っぱいラズベリーのソースと、
チョコレートが入ったフレーバーで、
この大きさでも1回で食べきれるおいしさです!
 
 
すぐに売り切れてしまうので、
もしチナで見つけた際はぜひ試してみてくださいね!


 
お次はこちら。
 



Salted caramel truffle.
こちらは期間限定で入ってくる味なんですが、
キャラメルベースのアイスに、
日本でも人気の塩キャラメルソース+チョコレートが入っています。
甘みの中に少し塩味がきいていて濃厚ですよ!
 
これだけパッケージの色が違うので、
遠くからでも見つけやすいです!
期間限定ですので、こちらもお早めにどうぞ~
 


 
また、最近入ってきた新しい味がこちら!
 

 
 
Mangoです!
スタッフいわく、
クリーミーなマンゴーアイスがベースで、
その中に細かいマンゴーの実が入っているそうです。
こちらも濃厚で、やみつきになるそうですよ!
 
 

他にもこんな種類があります。
 



Caramel cone やCherry vanilla。
日本では味わえない味がたくさんあります。
 


ピーチやレモン、マンゴーなどのシャーベットもあって、
本物のフルーツを食べているかのように濃厚で、
とーってもおいしいんです!
 
 
これから寒い季節、
チナ温泉を訪れた際は、ぜひオーロラカフェにお立ち寄りになって、
ご自身のお好みのハーゲンダッツを探してみてくださいね!
 
もし味に不安がある場合はスタッフが、
わかるかぎりご説明いたしますので、
お気軽にお尋ねくださいね☆