2017年4月23日日曜日

窓辺のオーロラ

出ました!4月にオーロラ!
だいぶ夜が短くなってきましたが、それでも夜中の12時~3時くらいははかなり暗めになります(真っ暗ではありませんが)。
その数時間をピンポイントで狙ってオーロラ出てくれました!

そして今日はいつもとはまた少し違うオーロラの写真をご覧いただきたいと思います。

それはこちら。


そう。お部屋の窓越しに見るオーロラです。

オーロラが出るといつもはすかさず外に飛び出すのですが、今日はお部屋の中で慌ててカメラをセット。
というのも通常オーロラは北の空から出やすく、私の部屋は南向き。日当たり抜群ですがオーロラ鑑賞にはあまり適さないお部屋です。

ですがこの日は南の空からぼんやりとオーロラが出始め、あら?あら?と思っているうちにどんどん強くなり踊り始めました。
あまりの勢いで大きくなっていくため、最初のブレイクは撮りそこねてしまったほどです。

いったんかなり落ち着いてしまったのですが、ここで諦めてはいけません。
オーロラ鑑賞成功の秘訣はとにかく粘ること!粘るが勝ちです!

そうして15分か20分程経ったでしょうか。
再びブレイク!
ほらね!
すでにカメラは三脚含めセット済み。慌てることなく無事撮影終了。
 


 一度お気に入りショットが撮れてしまえばあとは余裕余裕。
ビール片手にベッドに横たわり(お行儀悪いことはこの際置いておき(笑))、あったかいお部屋で気の済むまでのんびり眺めるオーロラは最高でした。

ちなみにこちらで何度か聞いた話、
「南から出始めたオーロラはかなり大きく動き出す」(学問的な根拠はありません。こちらに長く住んでる方々の言葉です)
これは私の経験上かなりの高確率で当たります!

A.I

2017年4月20日木曜日

オーロララストチャンス!?

4月に入り、めっきり静かになったチナ温泉。

台湾・中国・韓国からのお客様の共通認識として


オーロラは3月まで!!

とお考えの方が多いようで、(実際にピタッと出なくなることはありません)

閑散期に入りました。


が、しかし。太陽が沈む限り目視できる可能性があるのがオーロラ。

だんだんと日照時間が長くなってきているフェアバンクス。

本日の日の入り21:47。明日の日の出が5:47と日本では考えられない時間に!!


そんな中、アラスカ大学が算出しているオーロラレベルというものがあるのですが、

ここ数日間、レベルが高いのでオーロラの張り込みを開始することに!!(笑)


アラスカ時間の一昨日4/18の夜(実際は日が変わって19日の0:40頃)

外に出てみると珍しくリゾートの真上に1本の筋になった、まるで虹のように

弧を描いたようなオーロラが。

チナ温泉にいらっしゃったことがある方ならお分かりになるかと思いますが、

基本的にオーロラが出るのは北側の山の上空に出ることがほとんどなのです。

なので、お客様から聞かれる質問でお部屋や温泉からオーロラが見えるか

聞かれるのですが、基本的には運がよくない限りその位置からは見えることが

無いのですが、この日は温泉に入りながら見えたかもしれません。


写真を見てもらうとお分かりになると思いますが、日が伸びているので

夜中でも真っ暗にならない(満月の日のように)ので明るい写真になってしまいます。


オーロラの撮影を始めてから15分ほど経った頃、その弧を描いていたオーロラが

動き始めました。

そのオーロラが、私が1月に来てから約3か月の間で見た中で一番凄いオーロラで、

私の真上でカーテン状になりながら大きく揺れていました。

色も肉眼で緑色に見え、更に裾の部分は赤くなっていました。

5分程そのような状態が続き、もうひと波来ることを期待して待つこと約10分。

またも、カーテン状のオーロラが出現!!!!

前のブログでもお話ししましたが、動いているオーロラはどうしてもブレて

撮ることが不可能なのでゆっくり鑑賞しました。

欲を言えば、もう少しずれた場所で見られればもっとカーテンの形もはっきりと

見えて良かったのだと思いますが、真下から見てもそのカーテンの

長さ・大きさの迫力が凄まじく、一人で

『うぉ!!』『スゴイスゴイスゴイ!!』とはしゃいでしまう程。




さぁ、夏に向けてあと何回オーロラが見られるか分かりませんが、頑張って

眠い目をこすりながらオーロラの張り込みを続けていきたいと思います!!

R,I

2017年4月19日水曜日

四季@ビーバー池!

とうとう冬が終わってしまいました。
 
アラスカといえば冬!
そして日本の友人たちからも、え?アラスカって夏とかあるの?と聞かれるくらい冬のイメージしかないアラスカ。
 
ですが初めは1年の半分くらい雪に埋もれて、ずっと薄暗い日々が続くのかなぁなんて思っていましたが、振り返ってみれば本当に寒く凍える日々はほんの3~4ヵ月ほどだったように思います。
(、、といっても-30度前後が続くその数ヵ月はやはり過酷で、寒いだけでこんっなにも体力を消耗するものか!と初めて体感しました。)
 
きっと私がそうだったようにアラスカといえば過酷な冬のイメージしかない方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そんな皆様に今日はアラスカの四季をご覧いただきたいと思います。
 
舞台はビーバー池。
チナ温泉の敷地内にあるネイチャートレイルという最もポピュラーなお散歩コース。そのちょうど中間あたりにある大きな池です。
秋に訪れた方はネイチャーウォークを、冬に訪れた方は犬ぞりをしたときにそれぞれご覧になられたと思います。
 
 
まずは夏

 

真っ青な空に夏特有の真っ白なモクモク雲、山も木々も深い緑でまさに風光明媚。
時間を忘れいつまでもゆったりボーっとしていたくなる景色です。
*でも蚊に注意*
 
 
一瞬で過ぎる秋
 


真緑だった山が黄葉で色づき一面黄色に染まります。
秋のこの景色が見れるのは本当に一瞬です。
真っ黄色な瞬間を撮りたくて毎日のように歩きに行きました。うかうかしていたらほんの数日で、もう黄色?もう枯れた?と見逃してしまうでしょう。
 
 
そして冬

 

まず間違いなく、あれ池どこだっけ?となるでしょう。
写っているところ一面、池です。

完全に凍り、厚さも十分なため天然スケートリンクの完成です。
でも冬本番になるとさすがに雪で覆いつくされるためスケートはできません。写真を撮った時期(11月中頃)がギリギリだったかと思います。
木々に囲まれた大きな池の上で童心に返り遊びまわったときの何とも言えない解放感。最高でした。


アラスカ生活の大部分を占めるであろう冬が終わってしまうのは寂しいですが、やはり季節が巡ってこその自然です。また次の季節のアラスカを楽しみたいと思います。
 
、、、ちなみに今でもまだ1日の最高気温は氷点下です。冬が終わったように感じるのは私が寒さに麻痺しただけかもしれません(笑)
 
A.I



2017年4月17日月曜日

ヘラジカ、エルク、ムース

アラスカ州の陸上動物に指定されているムース。

アラスカと言えば動物天国。夏場は特に野生動物見たさにアラスカに訪れる方も

多いかと思います。





他にもアラスカの動物と言ったらクマやトナカイ、ビーバーなどがイメージされると

思いますが、皆さんがアラスカ旅行中に遭遇できる可能性が高いのがこのムースです。


基本的には森の中に生息すると言われているムースですが、アラスカでは

基本的にどこでも遭遇する可能性があると言われています。

実際に僕が路線バスに乗っていた際に、ドライバーが「Moose!!!!」と叫んだので

外を見てみると道路を横断する1頭のムースが!!(そこはなんと住宅街)


そんなムースですが、僕が初めてアラスカでムースを見た時の第一印象が

『想像以上に大きくて怖い』

でした。

ここチナ温泉からダウンタウンに向かうチナロードで走っている車の中から

目撃したのですが、一瞬しか見えなかったのに恐怖を感じました。

ムースは体長240-310cm。肩高140-230cm。体重200-825kg。

これに対し、日本に生息するヒグマは体長200-230cm、体重は150-250kg。

そう、平均してクマよりも大きいのです!!

顔だけ見ると可愛らしいのですが、反して体が大きいので皆様も驚かれると思います。


とは言っても、勿論見れるものなら見てみたいですよね!?


実は、ここチナ温泉とフェアバンクスのダウンタウンとをつなぐチナロードは

ムースに遭遇できる可能性がかなり高い場所なんです!!

実際にこんな標識がこのチナロードにはあります。

(日本にもある動物注意の標識のムースバージョンです)

季節や時間帯にもよりますが、私の経験上少なくても一度往復すれば

行きか帰りのどちらかでほぼ遭遇することができます。


チナ温泉にお越しの際は、空港到着後だったり連日のオーロラ鑑賞で

寝不足だったりで睡魔が襲ってくるかと思いますが、ムースに興味のある方は

是非眠気をこらえて車窓からムースを探してみてください。

R,I

2017年4月15日土曜日

暖炉とワイン


はぁ、この幸せな光景。
 

古き良き暖炉の前でおいしい食事とおいしいお酒。
これだけで最高に楽しい時間を過ごすことができますね。

チナ温泉のレストラン自慢の暖炉です。

A.I

2017年4月7日金曜日

アラスカ鉄道、マッキンリー!!

先週末アンカレッジへ弾丸旅行に行って参りました。
行きはアラスカ鉄道、帰りは飛行機。
アンカレッジ旅行といっても一番の目的は道中のアラスカ鉄道です。

フェアバンクスからアンカレッジまで鉄道だと12時間。
かなりの長丁場に思えますが、そこはやはりただの移動手段とは違い窓を開け風を感じながらのゆったりとした鉄道の旅です。

昼食や夕食時には食堂車で景色を見ながらゆっくりでき、大迫力のアラスカ山脈や野生動物が見られるところではしっかりと車内アナウンスがあり見逃す心配もありません。

野生動物はムースやワシなど見ることができましたが、その中でも私が一番感激したのはマウンテンゴートと呼ばれるヤギです。
信じられないほど高く急な山(というよりもはや崖)にいました。

 
少し小さいですが分かりますでしょうか。2匹います。
 
ズームレンズを使い、さらに撮った写真を拡大してこのサイズです。
一番最初に見つけた人はどれだけ目がいいのでしょうね!
ちなみに列車は10分ほど停車し乗客みんながヤギを見つけられるまで待っていてくれました(笑)
こういうところも観光鉄道のいいところですよね。
 
そして乗客みんなが興奮するもうひとつの見どころ!
それは列車のカーブです。
カーブにタイミングを合わせるとこんな列車の写真が撮れます。



ちょっとカーブが緩やかなので分かりにくいですかね。
カーブの瞬間は、窓が開く車両と車両の繋ぎ目のところが取り合いになり、一番迫力ある大カーブは逃してしまいました。
 
でも友人や家族の協力があればこんな風に列車から乗り出した写真も撮ることだってできます。(乗り出し過ぎ注意!落っこちないように!)
 
 
 
そしてそしてアラスカの大自然と言って真っ先に思い浮かぶのはやっぱりマッキンリー!
今回アラスカ鉄道に乗ったときはあいにくの曇り空だったのですが、先月にも一度アンカレッジからフェアバンクス方面へ鉄道に乗り、そのときの快晴っぷりは素晴らしいの一言でマッキンリーもしっかりと見られました。
 
そのときに撮った写真がこちら。

 
気持ち良いほどの青空と真っ白な山。大迫力です。
 
世界一高い山といえばもちろんエベレストですが、それは標高を基準にしたとき。
実はエベレストはもともと標高の高いところにある山なので、ふもとから頂上までの差(比高というそうです) は3700メートルで富士山とほぼ同じです。
ところがマッキンリーは標高の低いところから山が始まっているので比高は5600メートルにもなり、山自体の大きさを考えると世界一です。
 
さらにアラスカ山脈にはマッキンリーのほかに2つ大きな山があり、地元の人たちからはマッキンリーと合わせ3 Giants(3ジャイアンツ)と呼ばれています。

左から フォーレイカ、ハンター、マッキンリー(デナリ)
お天気が良くないとなかなかここまでハッキリ綺麗に写真に撮れることはないらしいので本当にラッキーな旅でした。
 
そして今度は緑に溢れる夏のデナリの景色を見に行きたいと思います。
どうかそのときも真っ青ピーカンでありますように!
 
A.I
 

2017年4月4日火曜日

氷のグラス

今日はアラスカに来てから新たにできた私の特技を紹介したいと思います。

それはアイスカービング、氷の彫刻です。
前回のブログで氷のフェスティバルの彫刻をご覧いただきましたが、実は私も作れるのです!
、、、といっても私ができるのは氷のグラスだけですが(笑)

チナ温泉リゾートのアクティビティで大定番といえばアイスミュージアムツアー。
そしてこのアイスミュージアムを手掛けているのがフェスティバルのアイスアート選手権で金賞を取ったスティーブ&ヘザー夫妻。
その奥様ヘザーさんから直々にアイスカービングを教えてもらい、ミュージアム内にあるアイスバーで出しているカクテルグラスを私も作っています。

さっそくご覧ください。

  video
 
 このグラス、ヘザーさんやスティーブさんであれば一つ作るのにかかる時間はなんとたったの45秒!私は、、、1分半といったところでしょうか。まだまだです。
 
そして完成したグラスがこちら。
 
  
このグラスは氷で出来ているのでもちろん洗って使いまわすことはできません。
なのでカクテルをお楽しみ頂いたあとはお持ち帰り頂けます。
でもすぐ溶けてしまうので残念ながら日本へのお土産にすることはできませんね(笑)
 
 
お持ち帰りになれば、ツアー後にお子様やお酒の飲めない方もジュースを入れて楽しむことができます。(よくお酒しかないの?と聞かれますが、そこはアイスミュージアムです!普通のジュースでは凍ってしまって飲めません!(笑))
冬以外であれば外で思いっきり投げてガッシャーン!と割ってしまうのもこのアイスグラスの楽しみ方の一つ。溶けてしまうので後片付けの心配なし!
 
チナ温泉にお越しの際はこのアイスミュージアムツアーへの参加もお忘れなく。
 
A.I
 
 

2017年3月30日木曜日

夜のIce Park プレイエリア編

先日R,Iさんが紹介してくれたアイスパーク、夜になるとライトアップされ幻想的な氷の世界観がさらに増します。

パーク内は大きく分けて二つ、氷の迷路やすべり台などがあり自由に触ったり遊んだりできるプレイエリアと、アート選手権の作品が並ぶエリアに分かれています。

まずはプレイエリアの私のお気に入りから。

駅と汽車。
このレトロ感と、ライトアップの絶妙さがたまりません。
 
 
汽車が駅にまさに到着したかのようです。

 
 
この汽車本当によく出来ていて、吹き出す煙までちゃんと雪で作られています。しかもモクモク感までしっかりと。
こちらの煙は明るいほうが分かりやすかったので昼間に撮った写真を。 
 
 
 
次はゴーカート。これも子どものワクワク心をくすぐりますね。 
 

 


そしてみんな大好きすべり台。このミニすべり台はパーク内にいくつもあり自由に遊べます。
でもこの小ささに惑わされてはいけません。ミニとはいえもちろん氷で出来ています。

 
ツルンツルンです。

 
お尻打ちます。

 
着地地点にはみんなが落ちて出来たであろう窪みがありました。きっと大の大人たちがちょっとはしゃいでしまったのでしょう。

こちらが子供たちみんなが夢中になる大すべり台。

遊ぶにはソリが必要ですが、見ていてヒヤヒヤするほどのスピードが出ます。
でも子供たちはそんなのお構いなし。ビュンビュンビュンビュン下りてきます。
さすがにチビッ子たちに混ざって遊ぶには抵抗がありできませんでしたが(笑) 実際やると相当楽しいだろうと思います。

勇気のある方はぜひお試しください。

A.I

夜のIce Park アイスアート編

さあここからアイスアート選手権の本番です。
ささっと概要を。
シングルブロック部門とマルチブロック部門に分かれていて、シングルブロックは名前のとおり大きな氷の塊一つから作品が作られ、マルチブロックはその大きなブロックをいくつもつなぎ合わせて作られます。

そしてチナ温泉内のアイスミュージアムを手掛けているスティーブ&ヘザー夫妻は両方の部門に出品しシングルブロックでは第3位に、マルチブロックでは堂々の第1位に輝きました!

このご夫妻、今までに獲得した金賞は2人合わせてなんと20個以上!
アイスアート界無敵のカップルです。

 
2人の作品も含め入賞作品を見ていきましょう!

まずはシングルブロックの私のお気に入りから。
死神ですね。おっきな鎌の躍動感でひと際目立っていました。

5位 Your Move 次はオマエだ

ライトアップするとこんな感じ。

 
 
 
そしてこちらが我らがスティーブ&ヘザーの作品!
〝真実の色〟というタイトルでクジャクが鏡をのぞき込んでいます。そして鏡に写った姿とは?
意味深。
3位 True Colors 真実の色
 
エリマキトカゲに追われる蝶。トカゲの目や手足の気味悪さがよく出ています。
本物は絶対イヤだけど(笑)


2位 Beauty and the Beast 美女と野獣

 
シングルブロック1位の作品。
〝フリーバード〟カゴから飛び出した鳥と、逆にカゴに入った鍵。

1位 Free Bird フリーバード

ここからマルチブロックの作品たち。

高層ビルの後ろに大きな鬼。作品名は〝Heat of Big Cities 都会の熱〟
氷のアートで熱をテーマにしているところも、現代社会への風刺になっているところもなかなか鋭い作品です。

5位 Heat of Big Cities 都会の熱

そしてマルチブロック部門の最優秀賞!
〝March Madness アリスのティーパーティー〟
スティーブ&ヘザーの作品です。

1位 March Madness アリスのティーパーティー


よく見るとテーブルの上のロウソクやティーカップから角砂糖まで本当に細やかに作られています。
ほんとどうやって作るんでしょうか。



〝True Colors〟や〝Free Bird〟そして〝Heat of Big Cities〟など上位の作品は技術の高さや美しさだけでなくしっかりとした意味が込められているものが多いことに驚きました。

ひとつひとつ丁寧に鑑賞したいところですが、なにせここはアラスカ!そして周りは氷だらけ。
とにかく寒いです。
このアイスパーク、とってもオススメですが遊びに来るときは覚悟してください。

A.I

2017年3月29日水曜日

雪の結晶を肉眼で確認!!

3月も間もなく終わりに近づき、フェアバンクスも少しづつ暖かくなってきました。

(とは言ってもきおんはまだまだ氷点下を下回っておりますが)


雪も解け始め、1月に来た私が見たこともないチナ温泉の地面が見え隠れし始めています。


そんな遅い春を迎えようとしているチナ温泉を遡ること約半月。

天気の良い日が続いていた時のこと、やけに雪がキラキラと輝いていることに

気が付きました。見た感じはまるでスパンコールが散りばめられているかのよう。

なんでこんなにキラキラしているのか気になり顔を近づけてみると…



なんと、キラキラの正体は雪の結晶だったのです!!

と、雪国にお住まいの方なら大したことないことかもしれませんが、東京生まれ

東京育ちの私にとってはとても衝撃的で感動的なことでした。




どちらも写真に撮るとわかりにくいのですが、肉眼でははっきり結晶の形が分かります。


ちなみに、どうして氷の結晶ができるのか調べてみたところ


水蒸気を含む空気が上空で冷却され過飽和(空気へ水が溶ける濃度を超えた状態,温度低下で起こる)になると,ごく細かいちりなどをしんにしながら水分子は気体から凝結して固化することで氷のつぶが生まれます。
 水分子が凝集していくときには,水素結合という引き合う力が働くのですが,縦方向にも平面方向にも成長していく可能性があります。 平面方向へ成長していくときには,酸素の周りの3つの水素が等価になって結合の角度が120度になり六角形の基本構造を作るようです。


私のような学の無い人間には???です(笑)

一応私の中学までに習った理科の記憶によると、雨が0℃以下になると雪になると

教わったと思います。しかし、調べてみると気温以外にも湿度も大きく関係するようで、

湿度が50%であれば5℃でも雪になり、湿度が90%だと3℃でも雨になるそうです。

また、雪の結晶は必ず6角形の形状をしているのですが、同じ形のものは

一つもないと言われているそうです。


雪つながりでもうひとつ。

アラスカで生活をしている先住民族のエスキモー。昔から雪と生活を共にしていた彼らに

まつわるお話。


“The Eskimos had fifty-two names for snow.”
「エスキモーは雪をあらわす52の呼び名を持っていた。」


と言われているそうです。例えば降っている雪と地面にある雪とでは別の言葉で

表されるそうです。


雪が解けるころには夜もだいぶ短くなりオーロラも見られなくなります。

あと何週間オーロラチャンスがあるか分かりませんが、またオーロラの写真を

ご紹介できるよう、シーズン最後まで頑張ります!!

R,I

2017年3月22日水曜日

星とオーロラ

日の出  午前7:35
日の入り 午後8:08

日に日に夜が短くなってきています。

本格的な白夜シーズンが訪れる前に星空の写真を撮りたいなと思い、よく晴れ、そしてオーロラがあまり活発でなさそうな夜にカメラを構えてみました。

北斗七星もカシオペア座もハッキリ見えた夜でしたがカメラを向けた方向が悪かったのか写らず(笑)
でもほら!満天の星空!

 
狙ってはいませんでしたがオーロラも右下にスッと。
 
そしてここで色にビックリ!赤がハッキリ写っています。
通常大体が緑、そして少し活発だとオーロラの下側にピンクの線が入ることはまあまああります。
ですがこの日はオーロラの上側に赤が!
肉眼ではぼんやりと色が見えるか見えないかぐらいなので最初は気が付きませんでした(笑)
 
こうなるともうオーロラに夢中です。
小さめだったオーロラも動き出し空全体に広がりました。しかも赤色キープ!

 


 
踊りだすような激しさはなかったものの、いつものピンクとはまた違った赤に大満足な夜でした。

A.I





Ice park

毎年3月に行われる『フェアバンクス世界アイスアート選手権』

通称『アイスパーク』とも呼ばれ、日本のさっぽろ雪まつりのように

沢山の人で賑わいます。

そのアイスパークに遊びに行ってきました。


パーク内には作品がずらりと並んでおります。




作品以外にも実際に触ったり遊んだりできるものも多くあります。

写真はありませんが、氷の迷路やプールのウォータースライダーのような

そりの滑り台なんかもあります。


そんな触れる彫刻から氷の家をご紹介。



ここに住んでる4姉妹(内2名は成人)


今度はThe アメリカと言わんばかりの作品。

よく見ると左下に自由の女神を見上げている人が…



現在の大統領だそうですが、ちょっとわかりずらいですかね。


そして、いよいよ今年の優勝作品をご紹介。





作品名『March Madness』

そうです、不思議の国のアリスをモチーフにした作品です。

今回優勝したスティーブ&ヘザー夫妻。実は、当チナ温泉の『アイスミュージアム』を

手がけている2人なのです!!

現在いる日本人インターン3名で話をしていたのですが、正直アイスパークの

作品の中には「まだまだだな」と思う作品がありました。

(勿論、私たちには作品は作れませんので、馬鹿にしているわけでは絶対にありません)

どうしてそう思うのか、それは私たちが最初に見た氷の彫刻が世界チャンピオンの

作品だったからではないか。知らぬ間に目が肥えてしまったんだね(笑)と。



スティーブさん、実は今年の選手権で何と16回目の優勝なのです!!!!


アイスミュージアム内に彼らの作業場があるのですが、チャンピオンに

ガイド中に軽々しく「アイスグラス作って見せて」と言っていたことに激しく後悔(笑)

次からはもっと低姿勢でお願いしなくてはと改めて思いました。


そんな2人の手がけている『アイスミュージアム』

入場料、15ドル。安いと思うか高いと思うかはあなた次第です!?

R,I