2016年3月30日水曜日

オーロラカフェ内にギフトショップOPEN!



オーロラカフェ内にギフトショップスペースができました!
今までメインロッジフロントデスク前でしか買えなかった商品がカフェでも買える様になりました。

カフェで過ごす時間ももっと楽しくなりそうです♪


そして…棚はもちろん手作りです。
柱となっているのはダイヤモンドウィローと呼ばれる柳の木です。
木にダイヤモンドの模様がついてますね。きのこが作る模様らしいです。
う〜ん、おもしろい!!


AT

2016年3月17日木曜日

雪!

昨日は久しぶりにチナに雪が降りました。

1ヶ月振りか2ヶ月振りの降雪です。
とても曖昧ですが。。。
前回がいつだったか覚えていないくらい、久しぶりの降雪です。


いつもは青空が広がる空が雲に覆われており、朝から晩まで降り続ける珍しい雪に少し興奮してしまいました。

残念ながら遊覧飛行のアクティビティは視界不良のため3便がキャンセルになってしまいましたが、お客さんも各々、深々と降る雪を楽しまれていらっしゃる様でした。



そして夜も厚い雲の上に光るオーロラが出ていた様です。
さすがに雲の上なのでぼや〜っとした感じですが、曇りだからオーロラは見えない!ということは無い様ですね。曇っていても諦めずオーロラの出現を待つことの大切さを知りました。


ちなみに今日はまた晴天が復活しました!
朝から青空で気持ちが良い1日です。



アクティビトリアムの外はつららが大量生産されていました!



AT


2016年3月12日土曜日

3月10日オーロラ

木曜日の夜、仕事を終えて外に出たらとっても綺麗なオーロラが。
アクティビティーセンターを出たところからまずは一枚。


建物の裏側まで移動して特に綺麗だった西の空をパチリ。


少しだけ赤っぽい色が写りました。
そして今度は東の空。

この日は空中どこを見てもオーロラが出ていて、慌ててカメラを持ち出した数秒後にはお客さんたちから歓声が上がる程のすばらしいブレイクを見せてくれました。
カメラのセットが間に合わないと悟った私は「もうこれはしっかり自分の目で見ておこう。」と、カメラを置いて暫しぼんやりと空を見上げることにしたのでした。

そんな訳で上の3枚はブレイク後に撮ったもの。
落ち着いて撮影できたのでなかなか上手く撮れたかな?と思います。




2016年3月10日木曜日

リッジトレイルからローワーチナループへ

今日はベアポウビュートなるものを目指してのハイキングをすることに。
Bearはクマ、Pawは足跡、そしてButte。
クマの足跡があるビュートなのか。ビュートとは何なのか。
どんな場所なのか気になるのでそこを目指します。


地図で見ると 、リッジトレイルの終わりにあります。
まずはリッジトレイルに入ります。

温泉の裏の橋を渡るとトレイルの入り口です。
















雲ひとつない青空です。登山中、振り向くとカレンダーの写真でよく見るような壮大な景色が広がっています。
ファーマウンテントレイルより急な坂道ではないので、スイスイ進めます。するとあれよという間にこんな高いところまで登ってきたんだなと驚いてしまいます。


振り向いて景色を眺めると、向かいの山と対面します。
その真ん中あたりに一本道のトレイルが見えますか。あれがファーマウンテントレイルです。
1時間弱ほど登り進めると、道が開けてきました。






いい形の岩を見つけたので登ってみます。












この岩からはこのような景色が見えます。





また道なりに進んでいきます。

持参してきた飲むヨーグルトは凍ってしまっていました。出発から2時間ほど経った時のことでした。冬のハイキングは寒いです。



厳しい寒さながらも、澄んだ空気と美しい景色に魅了されつつ歩いていると、ベアパウビュートとは違う方向に歩いていることに気がつきました。



エンジェルロックまで6.1マイルの看板と、ロウワーチナループの分岐点です。

エンジェルロックまで行くと日が暮れてしまうのでもちろん、ロウワーチナループを選びます。

ロウワーチナループは、アッパーチナループ(リッジトレイル)より低い位置にあり、トレイルの幅が狭いです。景色を山の上から楽しみたい方にはアッパーチナループ、森の中を探検しているような雰囲気を味わいたい方には、ロウワーチナループがオススメです。
また、ロウワーチナループは途中でビギナーズループにもつながっています。

ベアパウビュートにはたどり着けませんでしたが、その代わりに3つものトレイルを歩けました。
ハイキングをしたいお客様にトレイルを紹介できるよう、まずは自分で体験します。修行中です。

今回ベアパウビュートに辿り着けなかったのも、お客様の身代わりになったと思えばへっちゃらです...



地図を見ると、リッジトレイルの途中で道が開けて、いい形の岩があったところにベアパウビュートへの分岐点があったのだと思います。
そこで浮かれて岩に乗って遊んでいるうちにそれを見逃していたのだと思うと恥ずかしいです。

ハイキングはゴールだけじゃなくて過程を楽しむものと自分に言い聞かせています。


それでは復習をさせていただきますと、赤く色を塗ったルートが予定していたベアパウビュートへの道で、黄色く塗ったところは実際に歩いた道です。


アクティビティーセンターから出発して戻ってくるのに約4時間かかりました。

ベアパウビュートのビュートは調べてみると、絶壁のことらしいです。
さぞかし景色の良いことでしょう。
行ったことのある方は、感想を教えてください。

やっぱりハイキングに目的なんていらないのかな。


SY

2016年3月9日水曜日

オーロラが見れるのも後僅か…

3/7、久しぶりにオーロラを眺めました!



















最近は遅い時間にオーロラが出ることが多く、中々タイミングが掴めずにオーロラとは久しく会っていませんでした。。。

しかし、この日は比較的早い時間にも出ていたので、写真を撮ってみることにしました。
いつもとは違う写真も撮ってみたくて、場所を移動しながらの撮影です。



雲もあったため、いつもとは違った雰囲気のオーロラも見れました。




突然現れた車のヘッドライトもたまにはいい写真を作ってくれます。

3月いっぱいくらいでオーロラは見れなくなってしまうらしいので、
今のうちに沢山オーロラを見溜めておかなくては!!


AT



2016年3月6日日曜日

ドライフラワー完成

先日吊るしたドライフラワーが完成しました!



きれい!とは言えませんが、なんとか見れるものにはなったと思います。
これで長い間お花を楽しめそうです♪

ドライフラワーはオーロラカフェの本棚の上に飾りました。

少しは本棚も華やかになったかな??



AT

2016年3月4日金曜日

見どころたくさん、モニュメントクリーク

カメラでオーロラを深夜3時まで撮影できたのは、翌日が休みだったからです。

お昼まで寝て、温泉に入って、今日はモニュメントクリークをお散歩します。

モニュメントクリークというトレイルは、その名の通り小川の周囲を回るものです。

このトレイルに初めて足を踏み入れた時、私はスノーモービルのツアーに参加していました。
スノーモービルガイドの一人、ディラン。アラスカのジュノー出身で、おおらかで優しい方。
スノーモービルという乗り物は、皆さんもご存知の通り大変危険な乗り物でして、慣れていなければ脇目も振らずに運転しなければなりません。そのため、景色を楽しむ余裕が私にはありませんでした。


それでも、目に入ってきたのは、エメラルドグリーンの氷の楽園。私は、この景色を見るためにこの危険を冒したのかと錯覚するかのような夢心地を体験しました。
しかし、その時点で木に一度衝突していたのでそこで一度立ち止まって景色を眺めようというアイデアが浮かびませんでした。ただただこれ以上の大事に至らないように真面目に運転してました。

その日から、私はモニュメントクリークをハイキングすることに憧れを抱き始め、ついにそれが実現する時が来たのです。



こちら、トレイルの入り口付近、小川に沿って進みます。
さらさらと流れる川の音色に癒されながら、どんどんどんどん歩いて行きます。





あたり一面真っ白で何もない道を踏みしめて行きます。

んん?何か遠くから、穏やかでない音がやってきます。
どうやら近づいてくるようです。

スノーモービルのツアーです。
危険なので雪まみれになってもトレイルの脇に逃げて一旦停止しましょう。
私は身を守ることに必死で、せっかくのシャッターチャンスを逃したことに
少し後悔をしていました。

しかし今日の目的はエメラルドグリーンの氷の楽園。
それを見るまでは気を抜けません。


歩くこと約30分...



やっと辿り着きました、氷の楽園。
あれ?エメラルドグリーンじゃないかも?
太陽の当たり方によって色も違って見えるようです。
午後3時過ぎで日が傾きかけているので、少しオレンジがかって見えます。


あ、やっぱり、誰か氷の上に乗っかって滑ったんだな。雪を踏んだ跡が氷の方に向かって付いていました。

氷の上に乗っかりたい。
でもそれは神聖な雰囲気が漂う氷で、踏み入れていい領域なのかわからなく、
躊躇してしまいました。
この氷と雪が全て解けたらどんな景色が見えるんだろう、と想像を膨らませながら
じっくり立ち止まっていました。


すると、またあの穏やかでない物音がしてきました。
そうです、
スノーモービルです。  
またやってきました。今度こそ写真に収めるぞと撮る気満々で構えていたらここで止まってくれました。





ツアーのお客さんが、氷の上で一休みをされています。いいですね。

私も氷の上にお邪魔させてもらうことにしました。


氷の中に枝が入っていました。
氷の上の雪が結晶になっていました。


いってらっしゃーい。



スノーモービルが過ぎ去ると、また辺りは静けさを取り戻しました。
あっという間に夕暮れ時。
夕暮れの氷も綺麗だなあ。












モニュメントクリークでは可愛い景色をたくさん見つけることができます。





 細い川が凍っていてその上に水玉模様のように雪が積もっています。



もこもこしている雪や、 

小さな木々と、ぼこぼこした雪。


変わりゆく季節とともに、この景色がどのように変化するのか

とても楽しみです。

SY