2014年9月29日月曜日

みんな冬支度


短い夏と秋を終え、静かな季節を迎えたアラスカ。
しかし、季節はしっかり巡っていて動物たちは次の季節への準備をしています。
 リゾートの人気者アカリスは、せっせとトウヒの実集めをしています。
中には、アクティビティーセンター内でゴミをあさる輩もいますが…。


キャンプ中に出合った動物たちも冬支度。
産卵を終えたサーモンは真っ赤に染まり、命尽きるまで、川の流れに身を任せています。
そのサーモンを狙うハクトウワシはここで、最後の腹ごしらえ。
白鳥も湖が凍る前に南へと渡ります。

 

カリブーもそろそろ南の森林帯への移動の時期です。
まだ華奢な足取りですが、子どももこれから数千キロに及ぶ長い旅を母親とともにします。
 

今回出合うことはできませんでしたが、この広い大地のどこかできっと、
くまも冬ごもりの支度をしていることでしょう。
そして私たちも長い冬の前に、最後のドライブ旅行であそび納め。


 
あらゆる生き物たちが、来るべき冬に向けて最後の準備をしています。

 
まだまだあまちゃんですが…EY

2014年9月28日日曜日

初冬を迎えたチナ

早朝は氷点下10度以下まで下がり、冬の気配漂う朝を迎えるようになりました。
まだ体が寒さに慣れていないため、体がきゅっと縮こまります。
太陽が昇ってくると、その暖かさにふぅっと心も体も和みますが、
空気の中にはピリッとした寒さが感じられます。
 
夏の間カヌーや釣りを楽しめたビーバーポンドはついに全面結氷です。
 
 
凍って解けて凍ってを繰り返しているからなのでしょうか、
水たまりや轍の氷の模様のなんと不思議なこと。
じっくり眺めたり、つい踏んでみたくなります。
 

厚めの氷は踏んでもすぐには割れず、ミシミシミシ・・・と亀裂が入ってからザクッと。
薄張氷は華奢なかすかな音を立てて、パリンと小気味よく割れます。
 

先日降った雪は、高いところでは解けることなく、このまま根雪となりそうです。
 

冬はもうすぐそこまで来ています。


まだまだあまちゃんですが…EY





2014年9月27日土曜日

アラスカって大きいなぁ

夏、秋シーズンを無事に終えたご褒美にキャンプに連れて行ってもらいました。

 初日の夜から激しいオーロラがお出迎え。
アラスカに来て一か月半ですが、一番のオーロラに感激。

 二日目に泊まったドライキャビン。湖畔にポツンとある感じがまたいい雰囲気でした。

 二日目の夜もオーロラは姿を現し、一晩中形を変えながらそよいでいました。
北斗七星と一緒に撮影。緯度が高いので、かなり大きく見えます。


いくつもの山が連なるアラスカ山脈。写真には収まりきらない雄大な景色でした。

アラスカの大きな自然に魅せられつつも、移動はずっと車、電気も水もないドライキャビンでも
ガスを使ったランタンやヒーターで暖かく過ごせるし、調理も簡単に出来る。
なんだか自然ってすごいな、と同時に人間ってすごいなと思わされた3日間でした。

                                                08

大自然を丸かじり

楽しみにしていた、2泊3日のキャンプに行ってきました。
1泊目はバーチレイク、2泊目はフィールディングレイクと、二つともフェアバンクス近くにあります。
 
宿泊したところは電気やガス、水道が一切通ってない、ドライキャビンです。
山奥にあるチナ温泉ですら、電気や水道が通っているので、
アラスカで住む大変さや文明のありがたさを再確認できました。
 
幸いにもレッドサーモン、アメリカの国鳥であるハクトウワシやカリブーの
親子にも会えることができました。
 
 
 
 
産卵の役目を終えたサーモン達。
 
 
大空を自由に飛ぶハクトウワシ。
 
「ちょっと前を失礼しま〜す。」 BYカリブー母
 
 
朝には霜がおり、もうすぐすると厳しい冬が来ることがわかります。
 
 




2泊ともオーロラは絶好調。スタッフとオーロラのセット写真も、試行錯誤の結果、
何とか取れました。ブログに載せたいのですが、著作権の都合により、自主規制です。(笑)
 
アラスカの美しさを満喫できた三日間でした。
 
 
コン太


2014年9月23日火曜日

冬将軍の足音が...

 
つい先日まで、紅葉が美しく、昼間も結構暖かく、夏が戻ってきたのかな?
 
と思っていたのに・・・。
 
 
9月21日の23時くらいから雪が降り始め、山にはうっすらと雪化粧が!!
 
レストランスタッフが「雪が降ってるよ」と教えてくれ、慌てて外にでて
従業員は雪で大喜びですが、お客さんはオーロラがでたのかと思い・・・・。
 
その日は日中から結構寒かったのですが、まさか雪が降るとは・・・。
下の写真は22日の午前に撮ったものです。これから厳しい冬が少しずつアラスカにやってきます。
またマイナス40°の世界を体験できるかと思うと、楽しみな反面、
朝起きるのが辛いと感じてしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
でも雪が積もれば、犬ぞりもできるし、雪上車で山の上に登ってオーロラ観測ができます。
山の上で見るオーロラは絶景です。
 
 
もちろん今夜もオーロラはばっちり出ております。(22日午後23時)
 
コン太

2014年9月19日金曜日

本日の目玉商品

いつもチナ温泉日記をお読み頂きまして、誠にありがとうございます。
 
 
さて、本日ご紹介する商品はこちら、鍋つかみでございます。
この鍋つかみ、アラスカの地図が描かれておりまして、アラスカのお土産にぴったりです。
 
お子様と一緒にアラスカの地理について勉強できますし、
これで鍋料理を作れば、ご主人のハートもわしづかみです。
 
それでは気になるお値段は・・・
 
 
ズバリ$7ピッタリです。
 
これにアラスカの地図が書かれた鍋敷き(ズバリ$7)もセットで購入すれば、
料理が一段と楽しくなります。
 
 
今ご紹介した商品以外にも様々なお土産がギフトショップにあります。
 
ギフトショップはメインロッジにあります。
 
 
 
フロントの看板娘、ハンナさん。
 
 
 
コン太

空からとんでもないものがやってきた

9月19日午前3時38分頃、巨大なオーロラが発生しました。
 
 
 
 
空をあっという間に埋め尽くす巨大なカーテン。
黒い空を侵食する淡い光。
ある予言のように、天から大魔王がやってくるような感じ。
 
まさに特大の天体ショーでした。
 
 
チナ温泉に来て9ヶ月になりますが、この日のオーロラは最高、最大のものでした。
オーロラが巨大過ぎて、どこを撮ったらいいのかわからないと感じてしまいました。
 
昨日は21時のまだ空が明るい時点でも、オーロラが大きくでており、その後もオーロラが継続的に発生するという、オーロラ祭りの日でした。
 
 




真上で爆発するコロナと言われるオーロラ。

 
龍のようにうごめきながら、空を侵食するオーロラ。
 
今夜もこのようなオーロラが出るのを期待します。
 
コン太

2014年9月18日木曜日

アラスカの秋

秋は瞬く間に過ぎてゆき、
美しく山を彩っていた黄金色の葉は、
今は落ち葉となって地面に彩とサクサクの感触を提供しています。
 


一日一日色が深まっていくのがわかり、
今日あたりがピークかなと思った翌日には、
風がふわ~っと吹き、葉を散らしていました。
 

夏よりももっともっと短い秋。
ハイキングに行きたい!行かなきゃ!今しかない!と
はやる気持ちもようやくひと段落。
 
 

 
このあと雪が降ると、私のアラスカでの時間が一巡りすることになります。
長い静かな冬のあとの季節はダイナミックに巡り、
華やいだ気持ちとアクティブな時間を与えてくれました。
 


 
また雪に覆われたあの美しい季節がやってくると思うとうれしい反面、
もう少し暖かい季節を楽しみたいなと名残惜しくも感じられます。



 

まだまだあまちゃんですが…EY
 

 

 
 

 

 

 

 

2014年9月16日火曜日

偉大なるデナリ国立公園

先日秋のデナリ国立公園を訪れました。
この日は最高のお天気に恵まれ、雲に覆われていることが多く
その全容を見るのは、オーロラを見るより難しいと言われている
マッキンリー山を一日通して拝むことができました。
 


北米大陸最高峰(6194)というだけあり、その堂々とした姿は圧倒的で美しく、
何ものをも寄せ付けない雰囲気が漂っています。

赤く染まるツンドラの大地はどこまでも広がり、
その間を針葉樹の緑がアクセントを与え、遠くには雪に覆われた山々が並んでいます。
 
オスのムース
変化に富む自然の中を、時には断崖絶壁のような道を走りながら、
ツアーバスは奥へと進んでいきます。
 


途中、カリブー、ムース、グリズリーベアなどのアラスカを代表する大型野生動物、
ホッキョクジリスやライチョウなど様々な生き物を見ることができます。

 
カリブーのペア
ホッキョクジリス
ライチョウ
双眼鏡で覗き込むと、えさを食べたり、何かを注意深く観察したり、
二匹で会話をしているような姿を見ることができ、
あぁ彼らも確かに生きているんだなと実感します。

 
グリズリーベアの兄弟
そして、この日はオオカミの子どもまで見ることができました!
親とはぐれてしまったのか、一人茂みの中で夢中になってえさを食べ続けています。
バスを警戒することもなく、余すところなくその愛らしい姿を見せてくれました。
 


四国ほどの大きさがあるというデナリ国立公園は、
とてつもなく広大で、奥深く一日ではとても足りません。
 
 


今回はバスツアーで公園内を巡りましたが、
いつか自分の足でこの大地を踏みしめてみたいな思います。


まだまだあまちゃんですが…EY
  


2014年9月12日金曜日

紅葉に誘われて


チナ温泉の紅葉があまりにも美しすぎるので、エンジェルロックに行きました。

 

エンジェルロックに行く方法はチナ温泉敷地内のリッジトレイルから行く方法と、チナ温泉からフェアバンクスへ7.6マイル程下ったところにある、マイル48.9から行く方法があります。今回はマイル48.9から登ることにしました。

             

               チナロード。景色がとても美しい。

 

エンジェルロックの頂上まで、3.5マイル(5.6キロ)とのこと、クマに会わないかドキドキ。
 
 



              

               ん?自販機でもあるのかな?
 

           
      あったのは湧き水でした。飲んでみると、冷たくて大変おいしいです。



 
途中でリスにも遭遇。普段チナ温泉敷地内にいっぱいいるので、見飽きているのですが、ついついカメラを向けてしまいました。

 

 

  山の頂上から眺める緑と黄色のコントラストは美しいの一言につきます。

もっとたくさんの写真を載せたかったのですが・・・。

ぜひご自身の目でこの美しい自然を確認して頂けたらと思います。

コン太