2014年4月18日金曜日

チナ温泉近くにも・・・‼❓❓

 
今日はお休みを利用して
チナロードをサイクリングしてきました。
目的はスタッフから教えてもらった物を見るべく・・
 
 
 
55マイル付近にある川なんですが
雪が無くなり氷が溶け始める前です。
氷河のように綺麗な水色です。
こういった偽物氷河(笑)が
この季節いま氷が完全に溶ける前に
色んな所で見られます。
 
 
 
 
肉眼で綺麗に青く見れるので感動ですよ。
是非皆さんも見つけてみてください‼‼
 
最後におまけ
 
 
これ何でしょう❓❓
答えは後ほど‼‼
ヒント:お食事中の方すいません(笑)
 
△▲CS△▲


2014年4月17日木曜日

春の調べ

 
まだ肌寒さが残る朝、
自転車でエンジェルロック・トレイルまで出掛けてきました。

そこはチナ温泉から11kmのところにあり、
トレッキングのシーズンは人気のスポットになります。

頂上からの景色は壮観です。

森の中に入れば、至るところでチョロチョロ… サラサラ…
と、音が聞こえてきます。

 
日中の陽気に、みるみる雪が解けてきています。

氷が割れ、川が本来の流れを取り戻すのも、もう間もなくです。
 
                   S-Life
 

2014年4月16日水曜日

春のオーロラ

4月も半ばを過ぎ、お客さんもめっきりと少なった今日この頃。
リゾートは毎晩とても静かですが、
今日もオーロラは空を舞っています。
 


誰かが見ていようといまいと、そんなことは関係なく、
自分の営みを続けている自然の美しさに
改めて胸打たれる日々です。
 
 
春のオーロラは漆黒の空に舞う真冬のオーロラとはまた違い、
明るい空に淡く色づいていることが多いです。
 
 
まだまだあまちゃんですが・・・EY


2014年4月11日金曜日

キャンプ・トリップ

 
繁忙期を終え、私たちは恒例のキャンプへと出掛けました。
 
 
ただただ広く豊かな自然。
その懐へ飛び込み、
私たちは水や電気の通っていないキャビンで過ごし、
小さな町へ立ち寄り、
凍った湖水の上をクロスカントリーや
スノーシューズで渡ったり・・・
時間が過ぎるのを忘れ、
子供のようにはしゃぎ回りました。
 
 
息を飲むような衝撃的な感動は
どれだけ慌ただしい日常に活力をくれることでしょう。
この爽やかな気持ちの余韻を
もうしばらく味わっていたいと思います。
 
                     S-Life

2014年4月8日火曜日

Hi!キング

 チナ温泉も暖かくなり、大分雪が溶けてきました。このままでは一度も冬のリッジトレイルを登らずに春を迎えてしまうと思い、慌ててハイキングに挑戦!

まだ雪があり、中級レベルということもあり、結構疲れます。
かなり歩いたなぁと思ったものの、先はまだまだです。


 休憩がてら後ろを振り向くと美しい山が見えます。




数字の1に見えませんか?たぶん小枝だと思われますが、疲れて、登ったことを少し後悔している時に発見し、かなり癒されてしまいました。あともう一息!!






ついに頂上である「ベア・ポウ・バット」に到着。さっきまでの疲れはどこへやら...。

大きな岩に乗ってハイポーズ。一応「Chena」の頭文字「C」です。


登りに比べて下りは大変楽です。お尻で滑りおりるだけなので(笑)
       
あっ!?温泉が見えます。青い屋根が温泉の建物です。

山登りの後はやっぱり温泉でしょう。そして最後はビールで一日の締めくくりを(笑)

コン太








2014年4月3日木曜日

春の訪れ

今回は再び小さな世界のご紹介です。
 
トレイルの側面、太陽に当たる南側の部分が雪解けを始めていて、
よくよく見ると、つららが!
 
 
つららとは、屋根の上から垂れ下がるものと思っていた私には、
足元にもつららがあるなんて新鮮な発見!
そしてよくよく見ると、露出した岩肌には植物が。
こういうのを地衣類というのでしょうか。
このお花のような植物、小さくてとってもかわいい♡
 
 
今まで雪の世界しか知りませんでしたが、
これから春の訪れとともに、植物たちの世界が広がりそうで楽しみです!!
 
 
まだまだあまちゃんですが・・・EY

 
 
 
 
 


2014年3月31日月曜日

無敵のスノーシュー

毎日暖かい陽ざしが降り注ぎ、
気づけば木々から雪はなくなり、山肌が見え始めてきた今日この頃…
春が近づいているのはうれしいことですが、
真っ白の雪に覆われた美しい季節が終わってしまうと
少し焦りだしてきてもいます。

 
そんなわけで、日がとーっても長いことをいいことに、
仕事の合間を縫ってせっせとスノーシューハイクに励んでいます。
 
 
歩き始めは「寒いかな」とか「登りがきついな」等々
マイナスなことを考えるのですが、
少し歩くと景色がばっと広がり、アドレナリンが急上昇!!

あの山あたりをカリブーが季節移動で通るのかな?なんて考えるのも楽しい
一山超えるたびに、カーブを曲がるごとに、
また後ろを振り返るごとに、まるで絵本のページをめくるように
新しい景色が広がっていてその素晴らしいこと!
 
 そしておそらくは周りに誰もいない一人だけの時間・世界!

日の入が8時半なので、10時近くでも本当に明るい
 
スノーシューさえあれば、あの山の先にも、こっちの谷にも
行けちゃうんだと思うと、わくわくドキドキが止まりません。
雪がなくなる前に、今日もせっせとお出かけです。
 
まだまだあまちゃんですが・・・EY